* 研究業績 [#x6c08d01]

** 論文誌論文 [#f62df7df]

- 寺田博文, 土屋達弘, 将来の電力配電監視制御システムに求められる通信容量の考察, Vol.J97-D, No.6, Jun. 2014.

- 松井佑記,小島英春,土屋達弘,多数決投票を用いた分散システムの可用性の最大化, 情報処理学会論文誌, vol. 55, no. 3, 2014.

- Kohei Sakurai, Masahiro Matsubara, Tatsuhiro Tsuchiya, Voting Sharing: An Approach to Reducing Computation Time for Fault Diagnosis in Time-Triggered Systems, IEICE Transactions on Information and Systems, vol. E97-D, no.2, pp.344-348, February 2014.

- 寺田博文, 佐藤裕, 土屋達弘, 鉄道車両制御の分散処理のための車上アプリケーション再構築とワークフロー管理方式の提案, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.10, Oct. 2013.

-  Toru Nanba, Tatsuhiro Tsuchiya, and Tohru Kikuno, Using Satisfiability Solving for Pairwise Testing in  the Presence of Constraints, IEICE Transactions on on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E95-A  No.9, pp.1501-1505, Sep. 2012.

** 国際会議論文 [#f62df7df]

- Yasuhiro Hirasaki, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, Applying Random Testing to Constrained Interaction Testing, 2014 International Conference on Software
Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2014), Jul. 1-3, 2014

- Yuki Matsui, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, Modeling the Interaction of Power Line and SCADA Networks, 15th IEEE International Symposium on High Assurance Systems Engineering (HASE 2014), Jan. 9-11, 2014

- Yuki Ueda, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, On the Availability of Replicated Data Managed by Hierarchical Voting, International Conference on Information Science and Cloud Computing, December 7-8, 2013.

- Satoshi Fujimoto, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, A Value Weighting Method for Pair-Wise Testing, 20th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2013), Dec 2-5, 2013.

- Hirofumi Terada, Tsukasa Onishi, and Tatsuhiro Tsuchiya, A Monitoring Point Selection Approach for Power Distribution Systems, 8th Annual System of Systems Engineering Conference (SoSE 2013), pp.190-195, June 2-6, 2013. 

- Hirofumi Terada, Sato Yutaka, Tatsuhiro Tsuchiya and Tohru Kikuno, Software Reconstruction and Module Management for Distributed Processing of Train Control, 11th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2013), March 6-8, 2013.

- Yuki Matsui, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, Maximizing Availability of Consistent Data in Unreliable Networks, 18th IEEE International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2012), pp.117-123, December 17-19, 2012, Singapore.

- Tatsuhiro Tsuchiya, A BDD-Based Approach to Reliability Optimal Module Allocation in Networks, 18th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC 2012), pp.121-126, November 18-19, 2012, Niigata, Japan.

- Tatsuya Noguchi, Tatsuhiro Tsuchiya and Tohru Kikuno, Safety Verification of Asynchronous Consensus Algorithms with Model Checking, 18th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC 2012), pp.80-88, November 18-19, 2012, Niigata, Japan.

- Tatsuhiro Tsuchiya, Achieving High Availability of Consistent Data in the Presence of Network Partitions, 3rd International Symposium on Multidisciplinary Emerging Networks and Systems (MENS 2012), 
in Proc of 9th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing and 9th International Conference on Autonomic and Trusted Computing, pp.618-620, September 4, 2012, Fukuoka, Japan (invited).

- Hirofumi Terada, Tsukasa Onishi, and Tatsuhiro Tsuchiya, Proposal of Environmental Adaptation Middleware for the Next-generation Distribution SCADA System, 5th China International Conference on Electricity Distribution (CICED 2012), September 4-7, 2012, Shanghai, China.


** 招待講演 [#t7263ab8]
- Tatsuhiro Tsuchiya, On Transfer of Distributed Computing Theory to Cloud Computing Practice, International Conference on Information Science and Cloud Computing, December 7, 2013, Guangzhou, China.

** 解説 [#v123281e]

- 土屋達弘,関澤俊弦,制御システム分野におけるモデル検査の応用, システム/制御/情報, Vol.57, No.5, pp. 195-200, 2013.

** 研究会,大会等 [#iefed6b3]

--2013年度

- 土屋達弘,ウィンドファームのディペンダビリティモデル化について,第1回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,2014年3月4-7日.

- 土屋達弘,カッシア ジ ソウザ カルヴァーリョ,状態遷移テストにおけるカバレッジ基準の提案とモデル検査を用いたテストケース生成について,ウィンターワークショップ2014 (WWS2014), 2014年1月23-24日.

- 永元雄宙,小島英春,土屋達弘, 誤りを引き起こすインタラクションを特定可能なテストセット生成法の改善,信学技報, vol. 113, no. 422, SS2013-61, pp. 77-81, 2014年1月31日.

- 松井佑記,小島英春,土屋達弘, 電力網とSCADA網との相互作用が及ぼす堅牢性への影響について,信学技報, vol. 113, no. 353, DC2013-74, pp. 35-39, 2013年12月13日.

- 重岡大樹,小島英春,土屋達弘, パラメータ値上の制約存在下におけるランダムテスト手法の提案, ソフトウェア信頼性研究会第9回ワークショップ, 2013年12月11日

- 上田佑樹,小島英春,土屋達弘, ネットワーク障害下におけるレプリカ配置を考慮した階層的votingシステムの可用性の評価,信学技報, vol. 113, no. 270, DC2013-21, pp. 1-5, 2013年10月24日.

- 平﨑靖博,小島英春,土屋達弘, ランダムテストを利用した制約のあるインタラクションテストの効率的なテストケース生成,信学技報, vol. 113, no. 269, SS2013-45, pp. 163-166, 2013年10月24日.

- 永元雄宙, 小島英春, 土屋達弘, インタラクションテストにおける故障ペアを特定可能なテストケース集合生成方法の提案, 信学技報, vol. 113, no. 104, DC2013-13, pp. 19-23, 2013年6月21日.

- 藤本哲, 小島英春, 土屋達弘, パラメータ値に対する重み付けを考慮したテストケース集合の拡張, 信学技報, vol. 113, no. 22, DC2013-6, pp. 31-36, 2013年4月.

-- 2012年度

- 重岡大樹, 小島英春, 土屋達弘, パラメータ値に関する制約を考慮したランダムテストの不具合検出率について, 信学技報, vol. 112, no. 270, SS2012-51, pp. 31-35, 2013年1月.

- 徳山瞬, 小島英春, 土屋達弘, ネットワークコーディングを利用したゴシップの評価, 第18回ネットワークソフトウェア研究会, 2013年1月.

- 上田佑樹, 小島英春, 土屋達弘, ネットワーク障害下における階層的Votingシステムの可用性の向上, アシュアランスシステム研究会予稿集, pp.2-5, 2012年12月13日.

- 土屋達弘, コンセンサスの応用,設計,検証, アシュアランスシステム研究会予稿集, p.1, 2012年12月13日 (招待講演).

- 田中真吾, 小島英春, 土屋達弘, パラメータ値に関する制約を考慮したランダムテストのためのテストケース生成手法, 信学技報, vol. 112, no. 270, DC2012-21, pp. 1-5, 2012年10月.

- 松井佑記,小島英春,土屋達弘,Voting を用いた分散システムの可用性の最大化, 平成24年度情報処理学会関西支部大会, 2012年9月21日.

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS