研究業績

論文誌論文

  • Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, A Search-based Constraint Elicitation in Test Design, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E99-D, No. 9, pp. 2229-2238, Sep. 2016.
  • 本田耕三,平山秀昭,中川博之,田原康之,大須賀昭彦, ゴール指向洗練パターン駆動によるユースケースモデリング,電子情報通信学会論文誌, Vol. J99-D, No.3, pp. 238-254, Mar. 2016. (学生論文特集秀逸論文).
  • Kazuhiro Tashiro, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga, Iterative Improvement of Human Pose Classification using Guide Ontology, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E99-D, No. 1, pp. 236-247, Jan. 2016.
  • 堀田大貴,本田耕三,平山秀昭,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦, リファインメントパターンを利用したKAOSゴールモデルからBPMNモデルへの変換, 日本ソフトウェア科学会 学会誌『コンピュータソフトウェア』, Vol. 32, No. 4, pp. 141-160, Nov. 2015.
  • 池尻恭介, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦,意外性のあるレシピを推薦するエージェントの提案,電子情報通信学会論文誌, Vol. J98-D, No.6, pp. 971-981 Jun. 2015.
  • 坂野宏樹, 中川博之, 小島英春, 土屋達弘, 組み合わせインタラクションテストにおけるBDD を用いた制約処理法の性能評価, 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J98-D, No.3, pp.384-395, Mar. 2015.
  • 岩崎祐貴,折原良平, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦,CGM における炎上の分析とその応用,人工知能学会論文誌,Vol. 30, No. 1, pp. 152-160, Jan. 2015.
  • 池尻恭介, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦, 食材の希少性に基づいた意外性のあるレシピの抽出, 日本ソフトウェア科学会 学会誌『コンピュータソフトウェア』, Vol. 31, No. 3, pp. 70-78, 2014.
  • 田代和浩, 川村隆浩, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦,Human Pose Guide Ontologyを用いた静止画像内人物のポーズ分類, 日本ソフトウェア科学会 学会誌『コンピュータソフトウェア』, Vol. 31, No. 3, pp. 58-69, 2014.
  • 中村祐貴,本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,ソフトウェア再利用に向けた共通ゴール判別手法の提案, 日本ソフトウェア科学会 学会誌『コンピュータソフトウェア』, Vol. 31, No. 2, pp. 67-83 (2014).
  • Mian Wang, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga, Music Recommender Adapting Implicit Context Using 'renso' Relation among Linked Data, Journal of Information Processing, Vol. 22, No. 2, pp. 279-288, Feb. 2014.
  • 寺田博文, 土屋達弘, 将来の電力配電監視制御システムに求められる通信容量の考察, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J97-D, No.6, pp.1142-1146, Jun. 2014.
  • 松井佑記,小島英春,土屋達弘,多数決投票を用いた分散システムの可用性の最大化, 情報処理学会論文誌, Vol. 55, No. 3, 2014.
  • Kohei Sakurai, Masahiro Matsubara, Tatsuhiro Tsuchiya, Voting Sharing: An Approach to Reducing Computation Time for Fault Diagnosis in Time-Triggered Systems, IEICE Transactions on Information and Systems, vol. E97-D, no.2, pp.344-348, February 2014.
  • 寺田博文, 佐藤裕, 土屋達弘, 鉄道車両制御の分散処理のための車上アプリケーション再構築とワークフロー管理方式の提案, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.10, pp. 2192-2203, Oct. 2013.
  • Toru Nanba, Tatsuhiro Tsuchiya, and Tohru Kikuno, Using Satisfiability Solving for Pairwise Testing in the Presence of Constraints, IEICE Transactions on on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E95-A No.9, pp.1501-1505, Sep. 2012.

国際会議論文

  • Tatsuya Konishi, Hideharu Kojima, Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, Finding Minimum Locating Arrays Using a SAT Solver, The 10th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation Workshops, pp. 276-277. Mar. 2017.
  • Teru Ohashi, Tatsuhiro Tsuchiya, Generating High Strength Test Suites for Combinatorial Interaction Testing Using ZDD-Based Graph Algorithms, The 22nd IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC'17), pp. 78-85, Jan. 2017.
  • Shinya Nakano, Tatsuhiro Tsuchiya, Method and case study of model checking concurrent systems that use unbounded timestamps, The 22nd IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC'17), pp. 261-266, Jan. 2017.
  • Hiroyuki Nakagawa, Kento Ogawa, Tatsuhiro Tsuchiya, Caching Strategies for Run-time Probabilistic Model Checking, The 11th International Workshop on Models@run.time (MRT 2016), pp. 1-8 Oct. 2016.
  • Hiroki Tsuda, Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, A Dynamic Verification Mechanism for Real-time Self-adaptive Systems, The 10th IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems (SASO 2016) (Poster Session), pp. 265-266, Sep. 2016.
  • Hideharu Kojima, Yuta Nagashima, Tatsuhiro Tsuchiya, Model checking techniques for state space reduction in MANET protocol verification, The 30th IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshop (APDCM2016), pp. 509-516, May 2016.
  • Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, Towards Automatic Constraints Elicitation of Test Cases: Preliminary Evaluation Based on Collective Intelligence, The 30th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering Workshop (ASEW 2015), pp. 58-61 No. 2015.
  • Hiroki Tsuda, Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, Towards Self-Adaptation on Real-World Hardware: a Preliminary Lightweight Programming Framework, The 9th IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems (SASO 2015) (Demonstrations Session), pp.176-177, Sep. 2015.
  • Kento Ogawa, Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, An Experimental Evaluation on Runtime Verification of Self-adaptive Systems in the Presence of Uncertain Transition Probabilities, The 2nd Workshop on Formal Verification for Self-* Systems (VERY* 2015), pp.253-265, Sep. 2015.
  • Hitoshi Takahashi, Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, Towards Automatic Requirements Elicitation from Feedback Comments: Extracting Requirements Topics Using LDA, The 27th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2015), pp.489-494, Jul. 2015.
  • Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, Towards Automatic Constraints Elicitation in Pair-wise Testing Based on a Linguistic Approach: Elicitation Support Using Coupling Strength, The 2nd International Workshop on Requirements Engineering and Testing (RET 2015), co-located with ICSE 2015, pp.34-36, May. 2015.
  • Takahiro Nagamoto, Hideharu Kojima, Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tsuchiya, Locating a Faulty Interaction in Pair-Wise Testing, The 20th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC 2014) (Fast Abstracts), pp.155-156, Nov. 2014.
  • Satoshi Fujimoto, Hideharu Kojima, Hiroyuki Nakagawa, Tatsuhiro Tuchiya, Applying parameter value weighting to a practical application, The 25th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2014), Nov. 3-6, 2014
  • Hiroyuki Nakagawa, Takumitsu Kudo, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga, Towards Software Evolution for Embedded Systems Based on MAPE Loop Encapsulation, The Eighth IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems (SASO2014) (Demonstrations Session), pp.203-204, Sep. 2014.
  • Yasuhiro Hirasaki, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, Applying Random Testing to Constrained Interaction Testing, 2014 International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2014), Jul. 1-3, 2014
  • Yuki Matsui, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, Modeling the Interaction of Power Line and SCADA Networks, 15th IEEE International Symposium on High Assurance Systems Engineering (HASE 2014), Jan. 9-11, 2014
  • Yuki Ueda, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, On the Availability of Replicated Data Managed by Hierarchical Voting, International Conference on Information Science and Cloud Computing, December 7-8, 2013.
  • Satoshi Fujimoto, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, A Value Weighting Method for Pair-Wise Testing, 20th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2013), Dec 2-5, 2013.
  • Hirofumi Terada, Tsukasa Onishi, and Tatsuhiro Tsuchiya, A Monitoring Point Selection Approach for Power Distribution Systems, 8th Annual System of Systems Engineering Conference (SoSE 2013), pp.190-195, June 2-6, 2013.
  • Hirofumi Terada, Sato Yutaka, Tatsuhiro Tsuchiya and Tohru Kikuno, Software Reconstruction and Module Management for Distributed Processing of Train Control, 11th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2013), March 6-8, 2013.
  • Yuki Matsui, Hideharu Kojima and Tatsuhiro Tsuchiya, Maximizing Availability of Consistent Data in Unreliable Networks, 18th IEEE International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2012), pp.117-123, December 17-19, 2012, Singapore.
  • Tatsuhiro Tsuchiya, A BDD-Based Approach to Reliability Optimal Module Allocation in Networks, 18th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC 2012), pp.121-126, November 18-19, 2012, Niigata, Japan.
  • Tatsuya Noguchi, Tatsuhiro Tsuchiya and Tohru Kikuno, Safety Verification of Asynchronous Consensus Algorithms with Model Checking, 18th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC 2012), pp.80-88, November 18-19, 2012, Niigata, Japan.
  • Tatsuhiro Tsuchiya, Achieving High Availability of Consistent Data in the Presence of Network Partitions, 3rd International Symposium on Multidisciplinary Emerging Networks and Systems (MENS 2012), in Proc of 9th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing and 9th International Conference on Autonomic and Trusted Computing, pp.618-620, September 4, 2012, Fukuoka, Japan (invited).
  • Hirofumi Terada, Tsukasa Onishi, and Tatsuhiro Tsuchiya, Proposal of Environmental Adaptation Middleware for the Next-generation Distribution SCADA System, 5th China International Conference on Electricity Distribution (CICED 2012), September 4-7, 2012, Shanghai, China.

招待講演

  • 中川博之, 自己適応システムはなぜ動くのか,電子情報技術産業協会 (JEITA) ソフトウェアエンジニアリング技術ワークショップ2015 ~ソフトウェアエンジニアリング 基盤と革新/理論と実践~,東京,(2015年12月17日).
  • 中川博之, ソフトウェア工学の最新動向 -要求駆動型開発のすすめ-,株式会社 カジマアイシーティ,東京,(2015年9月4日).
  • 中川博之, 自己適応システムの研究動向, 平成26年度 SSR(産学戦略的研究フォーラム):大規模複雑な自己適応システムの適応進化制御手法に関する調査研究,東京,(2014年7月18日).
  • Tatsuhiro Tsuchiya, On Transfer of Distributed Computing Theory to Cloud Computing Practice, International Conference on Information Science and Cloud Computing, December 7, 2013, Guangzhou, China.

解説

  • 土屋達弘,関澤俊弦,制御システム分野におけるモデル検査の応用, システム/制御/情報, Vol.57, No.5, pp. 195-200, 2013.

国内会議(査読有り)

  • 松井勝利,中川博之,土屋達弘,テスト計画に対する要求カバレッジ可視化手法の提案,ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2016, pp.211-216, 2016年12月(2016年12月掲載決定).
  • 小形真平,小林一樹,青木善貴,中川博之,Layard: IoTシステムの要求分析におけるアクタ中心のモデル図,ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2016,(2016年12月掲載決定).
  • 津田宏軌,中川博之,土屋達弘,時間制約を考慮可能な動的検証機能を備えた自己適応システム実装フレームワーク, 第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016), 第1分冊 pp.41-48. (FIT奨励賞受賞)
  • 長島悠太, 小島英春, 土屋達弘, MANETプロトコルのモデル検査のための状態空間削減手法, 第15回科学技術フォーラム(FIT2016), 第1分冊, pp.33-40, 2016年9月
  • 本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,“洗練パターンによるゴール指向ユースケースモデリング”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES2014) ,pp.45-50, 2014年9月.

研究会,大会等

  • 2016年度
  • 外山大夢, 中川博之, 小島英春, 土屋達弘, キャッシュの効率利用による自己適応システムの動的モデル検査法改善, 信学技報, vol. 116, no. 493, KBSE2016-40, pp. 7-12, 2017年3月
  • 妙見侑祐, 中川博之, 土屋達弘, システム環境の変化傾向に基づいた効率的な構成切り替え手法, 信学技報, vol. 116, no. 493, KBSE2016-40, pp. 1-6, 2017年3月
  • 島田裕紀, 中川博之, 小島英春, 土屋達弘, 抽出ルールに基づいた要求記述からのゴールモデルの構築支援, 情報処理学会研究報告ソフトウェア工学, 2017-SE-195, no. 10, pp. 1-8, 2017年3月
  • 高橋仁,中川博之,土屋達弘, 文書中の単語出現頻度を利用したトピックモデル洗練化, 情報処理学会研究報告ソフトウェア工学, 2017-SE-195, no. 22, pp. 1-8, 2017年3月
  • 小島英春, 長島悠太, 土屋達弘, MANETプロトコルのモデル検査のための状態ベクトル削減方法, 第12回ネットワークソフトウェア研究会予稿集, pp.13-14, 2017年1月
  • 長島悠太, 小島英春, 土屋達弘, MANETプロトコルによるnode-disjointな複数経路構築の検証, 第12回ネットワークソフトウェア研究会予稿集, pp.7-12, 2017年1月
  • 中野伸哉, 土屋達弘, コンカレントシステムに対する抽象化タイムスタンプを用いたSPINモデル検査手法, 日本大学生産工学部第49回学術講演会公演概要, pp.245-246, 2016年12月
  • 高橋仁,中川博之,土屋達弘,文書からのストップワード抽出によるトピックモデリング洗練化, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(SIG-KBSE), KBSE2016-27, pp.19-24, 2016年11月3日.
  • 大橋輝,土屋達弘,ZDDアルゴリズムを用いた高強度テストケース生成法, 電子情報通信学会 ディペンダブルコンピューティング研究会, 信学技報, vol. 116, no. 278, DC2016-20, pp. 1-6, 2016年10月.
  • 中野伸哉,土屋達弘,抽象化タイムスタンプを用いたフォールトトレラントシステムのモデル検査,電子情報通信学会 ディペンダブルコンピューティング研究会, 信学技報, vol. 116, no. 278, DC2016-20, pp. 7-11, 2016年10月.
  • 高橋仁,中川博之,土屋達弘,トピックモデリングを用いたテストケース記述クラスタリングに関する考察,電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(SIG-KBSE),2016年5月26日
    • 2015年度
  • 小川賢人,中川博之,土屋達弘, 大きな振る舞い変更にも適用可能な自己適応システムの動的モデル検査法,情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学(SE),2016-SE-191,No.19,pp.1-8, 2016年3月15日.
  • 高橋仁,中川博之,土屋達弘, 主要語の変遷に着目した要求トピックの洗練化に関する考察, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(SIG-KBSE), KBSE2014-39, pp.1-6, 2015年9月25日.
  • 大橋輝,土屋達弘,組み合わせテスト集合生成におけるテストケース候補数の最適化について,情報処理学会 科学技術フォーラム(FIT2015),FIT2015論文集,第1分冊,pp.225-226,2015年9月
  • 小島英春,芳中宗一郎,土屋達弘,配電SCADAネットワークにおける情報収集時間短縮手法,情報処理学会 科学技術フォーラム(FIT2015),FIT2015論文集,第4分冊,pp.455-462,2015年9月
  • 小島英春,土屋達弘,SPINを用いたリアクティブ型MANETプロトコルのモデル検査に関する研究 ,電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会,2015年6月5日.
  • 津田宏軌,中川博之,土屋達弘, 実世界ハードウェアに対する自己適応フレームワークのプロトタイプ実装, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(SIG-KBSE), 2015年5月26日.
  • 2014年度
  • 小川賢人,中川博之,土屋達弘, 自己適応システムにおける動的検証法の適用範囲向上に向けて, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(SIG-KBSE), 2015年3月6日.
  • 高橋仁,中川博之,土屋達弘, LDA を用いたフィードバックコメントからの要求獲得に関する一考, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(SIG-KBSE), KBSE2014-39, pp.1-6, 2015年1月26日.
  • 土屋達弘,電力システム分野の技術的問題に対するコンピュータ科学の応用について,ウィンターワークショップ2015 (WWS2015), 2014年1月22-23日.
  • 小島英春,土屋達弘,配電SCADAネットワークにおける情報収集時間短縮のための集約点配置に関する研究,計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2014,pp.528-529, 2014年11月21-23日.
  • 土屋達弘, 相互依存するネットワーク上の連鎖的障害に対する充足可能性判定を用いた評価方法の提案, 電子情報通信学会 ディペンダブルコンピューティング研究会(DC), DC2014-21, pp.1-3, 2014年10月27日.
  • 土屋達弘,電力システム上の連鎖的障害に対するSATを用いた記号的故障シミュレーション, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES 2014, ワークショップ講演, 2014年9月3日.
  • 小林弘幸,中川博之,小島英春,土屋達弘, 多様なタスクスケジューリング問題への解集合プログラミングの適用, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(SIG-KBSE),電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 (SIG-SS),情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (SIGSE)合同研究発表会,KBSE2014-12 (2014-07), pp.25-30, 2014年7月10日.
  • 2013年度
  • 土屋達弘,ウィンドファームのディペンダビリティモデル化について,第1回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム,2014年3月4-7日.
  • 土屋達弘,カッシア ジ ソウザ カルヴァーリョ,状態遷移テストにおけるカバレッジ基準の提案とモデル検査を用いたテストケース生成について,ウィンターワークショップ2014 (WWS2014), 2014年1月23-24日.
  • 永元雄宙,小島英春,土屋達弘, 誤りを引き起こすインタラクションを特定可能なテストセット生成法の改善,信学技報, vol. 113, no. 422, SS2013-61, pp. 77-81, 2014年1月31日.
  • 松井佑記,小島英春,土屋達弘, 電力網とSCADA網との相互作用が及ぼす堅牢性への影響について,信学技報, vol. 113, no. 353, DC2013-74, pp. 35-39, 2013年12月13日.
  • 重岡大樹,小島英春,土屋達弘, パラメータ値上の制約存在下におけるランダムテスト手法の提案, ソフトウェア信頼性研究会第9回ワークショップ, 2013年12月11日
  • 上田佑樹,小島英春,土屋達弘, ネットワーク障害下におけるレプリカ配置を考慮した階層的votingシステムの可用性の評価,信学技報, vol. 113, no. 270, DC2013-21, pp. 1-5, 2013年10月24日.
  • 平﨑靖博,小島英春,土屋達弘, ランダムテストを利用した制約のあるインタラクションテストの効率的なテストケース生成,信学技報, vol. 113, no. 269, SS2013-45, pp. 163-166, 2013年10月24日.
  • 永元雄宙, 小島英春, 土屋達弘, インタラクションテストにおける故障ペアを特定可能なテストケース集合生成方法の提案, 信学技報, vol. 113, no. 104, DC2013-13, pp. 19-23, 2013年6月21日.
  • 藤本哲, 小島英春, 土屋達弘, パラメータ値に対する重み付けを考慮したテストケース集合の拡張, 信学技報, vol. 113, no. 22, DC2013-6, pp. 31-36, 2013年4月.
  • 2012年度
  • 重岡大樹, 小島英春, 土屋達弘, パラメータ値に関する制約を考慮したランダムテストの不具合検出率について, 信学技報, vol. 112, no. 270, SS2012-51, pp. 31-35, 2013年1月.
  • 徳山瞬, 小島英春, 土屋達弘, ネットワークコーディングを利用したゴシップの評価, 第18回ネットワークソフトウェア研究会, 2013年1月.
  • 上田佑樹, 小島英春, 土屋達弘, ネットワーク障害下における階層的Votingシステムの可用性の向上, アシュアランスシステム研究会予稿集, pp.2-5, 2012年12月13日.
  • 土屋達弘, コンセンサスの応用,設計,検証, アシュアランスシステム研究会予稿集, p.1, 2012年12月13日 (招待講演).
  • 田中真吾, 小島英春, 土屋達弘, パラメータ値に関する制約を考慮したランダムテストのためのテストケース生成手法, 信学技報, vol. 112, no. 270, DC2012-21, pp. 1-5, 2012年10月.
  • 松井佑記,小島英春,土屋達弘,Voting を用いた分散システムの可用性の最大化, 平成24年度情報処理学会関西支部大会, 2012年9月21日.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-05 (水) 03:03:33 (0m)